VMware FusionにUbuntu8.04を入れてみた

せっかく仮想マシンがあるんだし、いろいろ突っ込んでみようと思ってるのですが、まずはメジャーなUbuntu
会社でも使っとりますが、このOSはLinuxベースなのに、かなりGUI操作が進んでいて、Linux初心者でも余裕で使えます。
WindowsVistaが微妙な人はぜひ使ってみてくだされw

インスコは簡単。
インターネットからディスクイメージを落としてきて、VMwareの仮想CDドライブにいれて起動するだけ。
入手先:http://www.ubuntulinux.jp/
たどってくのがめんどくさい人はこっち http://www.ubuntu.com/getubuntu/download
我は生涯日本語なんじゃ〜〜〜!!!!という人はこちら http://www.ubuntulinux.jp/products/JA-Localized/download
まぁ英語版落としても、普通に日本語で使えますけどね。
お好みのを落としてくださいな。
ちなみに私はDesktopEditionのstandardです。


いきなり奇麗なメニューが現れてますね。
若干もたつきがありましたが、まぁCDブート中なので気にしない。

インストールを選択して、設定を進めていく。

インストール完了。
この間だいたい20分ぐらい。
簡単すぎるだろw

んで、VMware用のドライバをインストールするため、「仮想マシン」メニューから「VMwareツールのインストール」を選択。
これで、勝手にCDをマウントしてくれます。

ホームフォルダに適当なディレクトリを作成して、その中に拡張子がtar.gzの方のファイルをコピーします。
といっても普通にドラッグ&ドロップでOKです。
んで、右クリックして、「ここに展開」を選択。
ここまで全部GUI操作ですね!
Linuxを使ってる気分になれないんじゃないでしょうかw

まぁここからちょっとLinuxらしく、コマンドを使います。

こんな感じでコマンドを入れて、インストーラを実行します。(最初のはミスってて、root権限が必要だったので、2回目でsudoを加えています。)
インストーラはGUIではなくCUIなので、いろいろ英語で聞いてきますが、基本的にそのまま全部return押しといて大丈夫です。
聞いてきてる内容は、「システムファイルはどこにある?」「ここにインストールしていいか?」といったものばかりです。
デフォルトで間違えてることはまずないはずなので、普通にインストールしたUbuntuならば、returnキーの連打で大丈夫です。


こんな感じ終われば作業は完了。
一応再起動しておきましょう。

これでドライバが入ったので、モニタサイズは好きに設定できますし、音も鳴ります。

あとはお好きなように使うだけです。

基本的にLinuxはソフトウェアがオープンソースなので、ほとんどただで使えます。
Office互換のOpenOfficeとFireFox3が標準でインストールされるので、使うだけならばこの状態でも完璧です。
さらにPhotoshopなみに使えるGimpも標準で入っており、ちょこっとした編集ならばまず困ることはないはずです。

追加で欲しいソフトウェアがあるときは、まず「アプリケーションの追加と削除」を実行します。
Windowsにも同名の機能がありますが、天と地ほどの性能差があります。
基本的にWindowsの場合は消すばかりなんですが、Ubuntuでは強力にソフトウェアが管理されています。

欲しいなぁと思うソフトのジャンルを選択して、チェックを入れてあげれば、インターネットから自動で必要なデータをそろえて使えるようにしてくれます。
なんという便利さ加減。
ゲームからプログラム環境まであります。
Linuxになれてきたら、「synapticパッケージマネージャー」というのに手を出してみましょう。
こちらはサーバ関連のソフトウェアも扱っており、さらにたくさんのソフトウェアが簡単に手に入ります。

Debian系のパッケージ管理能力はすばらしいものがありますなぁ。

なれてきたら、ソースコードを落としてきて、最新版をコンパイルして使ってみる、というのもありかもしれませんね〜。

Windows環境 on iMac

今日は家に帰ってきても気力と体力が残ってたので、WindowsXPをiMacに入れてみた。

設定はしごく簡単。
アプリケーションディレクトリにあるユーティリティを開き、その中にある「Bootcampアシスタント」を起動して指示に従っていくだけ。


そうすると、写真のようにおなじみの画面とともにインストールが始まります。

後は必要事項を適当に入力していくと、インストール完了

無事XPが起動しています。
あとはドライバ関係をインストールしなくてはならないので、iMacについてきた「Mac OS X Install Disc 1」をWindows上で挿入します。
特にいじってなければBootcampユーティリティのインストール画面になるので、指示に従ってインストールしていきます。
必要な作業はこれだけ。
後は好きな設定をし放題です。

とりあえず、Bootcamp上でFFベンチ3を試したところ、Highで8450ぐらいでした。
悪くない数値ですかね。
タイムリープベンチは全部のスイッチを入れた状態で43fpsぐらいでした。
今まで使ってたWindows環境より確実に上ですw

ちなみにインストール中でキーボード操作に困った人用メモ
・MacBook/Proの場合、F8キーはfnキー+F8
・英語配列キーボードで半角全角切り替えは「alt + ~」

んで、作業はさらに続けて、iMacに戻り、VMwareを設定です。
VMwareではBootcampでインストールしたWindows環境を利用できますので、1ライセンスでどちらともつかえますよ。
Bootcampでインストールが完了していれば、設定は簡単。
VMwareのメニューに「Bootcamp」と書いてありますw
それをそのまま起動すると、作業完了です。
ただし、一度マイクロソフトに電話してライセンス認証を再度行う必要があります。
これはBootcampの状態とハードウェア構成がかわったと認識されてしまうためです。
もう一度登録してやれば次からは認証はいらないみたいです。

ちなみに、VMware上でもタイムリープを動かしてみた。


普通に動いたw
まぁ設定は全部チェック外してますけどね。
それでも仮想環境上でこれだけ動いてしまうのだからすごいものです。