VMware FusionでUbuntu8.10から9.04にアップグレード

4月にリリースされてるんで、今更感はありますが、作業まとめという事で。
といってもほとんどGUIなので、スクリーンショットをベタベタ貼って行くだけですけどね。

まずは「アップデート・マネージャー」で9.04へアップグレードします。
e38394e382afe38381e383a3-24
基本的に自動でやってくれます。
追加でインストールしたものは無効にされるっぽいので、注意です。

んで、終わったら再起動してJapanese Teamのリポジトリを当てます。
ホントはGUIで
e38394e382afe38381e383a3-54
日本語セットアップ・ヘルパを動かしてやればよいそうなのですが、私はGPGエラーを吐かれたので、端末を使いました。

wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add-
wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add-
sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/jaunty.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.l
sudo apt-get update

んで、アップデート・マネージャーを開くと、新しくいろいろとインストールしてくれました。
入力関係のパッケージが入るっぽいですね。

んで、入れてみましたが、基本的に順当なアップグレードなので、
パッと見はログイン画面しか変化がわからないですw
e38394e382afe38381e383a3-33