iMac 27購入記

iMac 27inchを買ったので経緯をまとめておこうかなと。

Core2Duoを使ってたんですが、そろそろHD動画をニコニコとかで見てると厳しいなぁと思ってたんですよ。
VMwareにWindows7を入れて、快適に使いたいなということもあったので、思い切ってCore i7タイプを買っちゃいました。

さっそく開けてみると、Appleらしい梱包が続々。

こういった梱包があると、「買ったぜ!」感が強く湧いていいですよね。
最近の家電製品では感じられない感覚ですよ。

早速メモリを追加。

16GBまで積めるので、4GBを4枚です。
これまで4GBだったので、一気に4倍ですw

取り付けて、スイッチオン!

うーん、いい感じである。
さて、次にVESAマウントキットを取り付ける。
なんでかっていうと、iMacのスタンドの高さの調整が利かないからです。
24インチのときも見上げる形になってて観づらかったんで、27ではさらに見づらいだろうと思いまして。

VESAマウントキットがこちら。


いやぁ、ただの金具な筈なのに、さすがApple。
梱包がすごい。
おもわず箱を取っておきたくなるw
んでは早速取り付け作業



カードを挿し込むとネジが露出するので、添付の工具を使って外します。
んで、外したらVESAマウントキットを取り付け開始。


中央部に金具を付けます。
ネジを斜めに挿し込むので、ちょっと違和感ありますが、しっかり閉めます。

次に、板を取り付けるんですが、このときは結構パワーが必要です。
真ん中に占めるネジなんですが、これは固定用だけじゃなくて、下の中央の金属を持ち上げる役割もになってるんですよ。
なので、規定の位置までしっかり持ち上がるようにおもいっきりネジを閉めます。
目安は横の穴から覗いたときにネジ穴が見えるようにすることです。
こうしないと、横に占めるネジが閉まらないんですね。

んで、つぎはアームを机に装着。
買ったのはエルゴトロンのMXデスクマウントLCDアームです。

iMacは14kg近くあるので、きちんと重さに耐えられる奴じゃないといけないので、注意が必要です。
エルゴトロンのHPに行くと、iMacで使えるアームが一発で調べられますよ。

ほかにはサンワサプライのアームが耐えられそうだったんですが、可動の範囲を考えてこっちにしました。

こんな感じでくっつけました。

簡単な感じで「くっつけました」と書いてますが、結構重労働です。
14kgに耐えられるようにかなりバネが強くなっているので、おもいっきり押さえつけながらネジを回す必要があって、すげーパワーが必要でした。
女の人だとまじで付けられないと思う。。。

まぁそんなこんなで、こんな感じになりました。

アゴ部分がかなり下まで下げられるので、とてもいい感じです。

DELL U2711と合わせて水平解像度5120ですよー、はは。
正直、端まで全部見切れてないんですが、この壁一面モニタ感は圧巻です。

というわけで、iMac購入雑記でした。

iMacとBluetooth

昨今のMacにはBluetoothが標準搭載されているのですが、このおかげで対応機種との通信が非常に簡単にできます。
私が使ってるのは、マウス・携帯・ヘッドセットの3つです。
マウスは MightyMouseなので、特に設定するまでもなく始めから使えていますが、携帯とヘッドセットは設定が必要だったので、その辺をちょっと記録しておきます。


やることは難しくなくて、環境設定メニューからBluetoothを選択。
さらに左下の「+」ボタンをクリック

これで設定アシスタントが開くので、指示に従って設定していくだけです。


携帯電話の場合は携帯電話を選択して、進んでいきます。
このとき携帯の方をBluetooth待ち受けにしておかないとだめですよ。

相手が見つかったらMacに表示された数字を携帯側に入力すれば作業完了です。
携帯の画面をとりたいところですが、デジカメがないので画像なしで。。。。

これで携帯とのやり取りが非常に便利になります。

例えば壁紙を作って携帯に送るとき。
携帯をデータ受信モードに設定。
んで、送りたいファイルを右クリックして、Bluetooth送信を選択。

これを選択すると、送信相手選択が表示されますので、携帯を選択します。
んで、携帯の方で受信確認に入りますので、受信します。

で、データ転送終了です。
なんと簡単でしょうw
ケーブルがいらないというのはなんと楽なことか。
Bluetooth対応携帯をお持ちな人はぜひリンクしておくことをお進めします。

ちなみに、逆も簡単で、携帯から送ってやればMacがダウンロードフォルダあたりに適当に受信してくれます。
あぁ、システム環境設定の共有で、「Bluetooth共有」にチェックを入れるのを忘れないでおいてください

では快適なBluetoothライフを。

iMac開封物語

iMac来たで、しかしっ!


でかい!!
ある程度覚悟していたが、自分の上半身埋まってるから困るwww


外箱を外すと、真の外装がっ!!
この時点でテンションマックス!!


徐々にその姿を現して、机においてみると。。。。


でけぇwwwwwwwww
ものすごい存在感ですよw


ちなみに同梱物はこんな感じ。
左からアバウトに、電源ケーブル・MightyMouse(無線)・USキーボード・リストアCD・Appleリモートです。
キーボードは思い切ってUSにしてみました。
おかげでかなり苦労してますw
returnをいつものつもりで押すと、バックスラッシュを押してしまうので、なれるまで大変そうですよw
無線にしなかったのはブートキャンプする予定だったからです。
今使ってるwindowsのキーボードは無線化してしまってるので、使えないんですよねw
マウスは無線のが便利なので無線です。



うーん、すげぇでかいなw


背面はシックな仕上がりで好みです。
リンゴマークの反射率が大きいので、背後が移り込みます。


こんな風にw

さて、起動する前にメモリの取り付けですよ。
iMacはいたって簡単です。


下部にある部分を外して、入れ替えるだけ。


そして、デュアル環境を整えて液晶を並べてみると。。。。こんな感じにwwww
なんかあほらしい感じになってしまってますがwwww
iMacは背丈があるので、液晶が見上げる感じなってしまいますね。
アームを取り付けられるので、アームを買おうかな。



ちなみにこれがiMac奥前の状況。

さて、VMWareやOffice2008、データの移行などたくさんありますが、今日はもう寝なくてはならないので、この辺で。

DDR2-800 SO-DIMMとWinXPを購入

WindowsXPをメモリとともに購入
気が早いのか、iMacも注文していないのに、DDR2-800 SO-DIMM2GBを2枚購入。
さらに、それにあわせてOEM版WindowsXP Proをゲットw
BootCampとVMwareの環境は完璧であります。

iMacがないけどねヽ(`Д´)ノウワァァァン

(追記)
とりあえず、動作確認だけしておこうと家にあったMacBookにメモリをさして確認したところ。。。。
起動しない(;^ω^)
どちらかが悪いのかと、一枚ずつさして確認してみると、どちらもちゃんと動作する。
おかしいのぉ。。。。
しょうがないので購入したドスパラに電話。
「相性問題ですね~」
なんとぉ、そんな相性問題があるんですね。
同じメモリ2枚なのに、相性っておいw
明日交換してきます。

新型iMacがキタコレーーーーーーーーーーーー(゚∀゚)!!

待ちに待ったiMacのリニューアルモデルがきましたよ。
詳細は公式ページでどうぞ。
http://www.apple.com/jp/imac/

外見が変わらず性能がアップするマイナーバージョンアップですが、その性能が素敵過ぎる。
価格とのバランスが秀逸すぎて、メーカー製Windowsが霞みますな。(DELLとかHPとかとは比べないようにw)
特に24inchモデルで8800GSが用意されてるのが素敵。
BootCampしてやれば、ゲームをやるにしても十分すぎる性能が出ますよ。
まじめにWindowsマシンと2機置く必要がなくなるな。

あー、でもデジタル3派チューナがつながらないか。
外付けで出ないかな。

さて、どうしよう。
明日にでも早速ヨドバシカメラで買ってきてしまおうかしら。

(追記)
うーむ、8800GS搭載タイプはアップルストアじゃないと買えないかな。
2.8GHzタイプのグラボを8800GSにオーダーメイドすると、22万なのか。
コストパフォーマンス的にはこちらの方がよさそう。
0.2GHzに2万5千円以上の価値が見出せるかどうか。。。。(;^ω^)

細かく調べてくと、CPUがIntelの新作なのね。
マザボの動作クロックが1066Hzな上に、キャッシュが6MBあるわ!
メモリクロックも800MHzだし、SO-DIMMになってる!!
もう完全にノート構成だね。

それにしても今回のiMacの価格はすごい。
24inchモデルは特にすごい。
IPSのフルHD液晶なんて、単体で買ってそれで10万前後はしますよ?
そして、C2Dの2.8GHzに1066Hz動作のマザボ。
これほどお買い得感がたっぷりなMacも久しぶりである。