M+2VM+IPAG-circle

以前に「Windowsはフォントが汚い」といってconsolasを引っ張って来たのだが、
最近は使っていなかったりする。
実際に使っているのは次点扱いにした「VLゴシック」です。
やはりconsolasは日本語が無いのがね。。。
ちょっと縦長になりますが、それ以外はとても優れているので、「VLゴシック」を使ってたんです。

しかし、もうちょっといいもんが無いかと探してみたらありますた。
それがタイトルにある「M+2VM+IPAG-circle」です。
こちらのサイト「M+ と IPAフォントの合成フォント」から入手できます。

ちょっくらそのお勧めっぷりを見ていただきたい。

こいつは「MSゴシック」である。
ClearTypeはオンである。
あー、カクカクしている。。。
細い上に補完が効いていない。
そして、致命的に0とOの区別がつかない。
1とlの区別も微妙である。
長く見つめていると疲れる一途である。

次に見ていただくのは「VLゴシック」

「MSゴシック」に比べれば格段に見易い。
縦幅が増えてしまっていたり、チルダが棒線になってるのが難点だが、文字の区別もつくし補完もよく聞いている。
とても使い易い。

んで、本命の「M+2VM+IPAG-circle」

VLゴシックと同じM+をベースにいろいろと手を加えられているらしく、とても美しい。
文字の見分けもつくし、チルダもちゃんと波打ってます。

おまけでメイリオ

補完がとても綺麗なんですが、等幅にならんのでガタガタです。
見る分には綺麗なんですけどね。

ちなみにMacはデフォルトで突っ込んであるOSAKAの等幅でモノ足ります。

ちょいちクセが見えなくもないですが、とくに文句無いです。
強いて言えば、細めといえば細め。

MacでM+2VM+IPAG-circleを使うとこんな感じ

エイリアスの掛け方がちょっくら強めなのか、Windowsで見たときより細めですな。

とまぁ、そんな感じで「M+2VM+IPAG-circle」がお勧めです。
一度ぜひ使ってみて下され、