反省

枝野長官、政府機能の代替場所検討
自分たちだけ移動するつもりらしい

福島原発事故 子供の被曝許容量はチェルノブイリの4倍相当
なんでそう次の世代に借金残すようなことを平気でするかなと

放射性物質:「荒茶」検査に静岡県が反発 要望書を提出
「静岡=お茶」みたいなのはあるから、気持ちはわからんでもないけども、そこはちゃんとやろうよと。

浪江町20キロ圏外でも56.6ミリシーベルト 2か月の推定積算線量マップ公開
避難区域見直したほうがいいじゃないだろうか

○私事
最近集中力が欠けている。
気を入れなおさなくては

Mac OSXで組み込み開発 part.2 Eclipse + OpenOCD環境をWindowsで試す

前回のpart.1にてJTAGデバッガが完成したので、さっそくサンプルプログラムのコンパイルと書き込みをテストしてみたいと思います。
しかし、タイトル通りWindowsでテストします。
自作ものなので、少しでも動作実績のある環境で試したいという気持ちを察してください。。。(´・ω:;.:…

そんなわけで、Windowsでテストするときに必要なアイテムを入手します。
なお、以下の作業ではZUS氏のWEBページを大いに参考にさせていただきました。
むしろそのままと言っていいw

入手するのは以下のものです。

Eclipseなんですが、自分は日本語化して使いたかったので、Pleiades All in OneのUltimateを使ってます。
これだと機能が全部入りな上に、プラグインで追加したものまでほぼ日本語にしてくれるので、大変便利です。
ただし、動作中に単語を置き換えるような仕組みなので、ちょっと重いです。
マシン性能が出ない人は止めて、公式のまま使った方がいいかもしれないです。

cygwinはZUN氏の所で紹介されているmakeとかの代わりです。
私の場合はWindows上でLinux機能をちょいち使いたいなぁという事があるので、こちらの方が良かったのです。

基本的にインストールとかはZUN氏のページを参考にしていただきたいなぁと。
画像をたっぷり使って紹介されているので、とてもわかり易いです。
しかもDesigneWave 2008年5月号付録の「STM32F103VB」Interface 2009年5月号付録の「LPC2388」の両方について解説されています。
うーん、素敵です。

では、20pinコネクタから変換が必要のないLPC2388から試していきたいと思います。
ts3e0602

まず、インストールが正しく行われているかコマンドプロンプトからチェック。
e38394e382afe38381e383a3-27
どうやらちゃんと動いているようです。

つぎにOpenOCDとターゲットが正しく繋がっているかチェックです。
こんな感じで繋げます。
ts3e0597

そして、必要箇所を変更します。
ZUS氏のサンプルはOlimexのJTAGデバッガを使っているので、今回作成したJTAG用に設定を変えます。

サンプルのjtagディレクトリに入っている、ファイル「openocd.cfg」を開きます。


#interface
interface ft2232
ft2232_device_desc "Olimex OpenOCD JTAG TINY A"
ft2232_layout olimex-jtag
ft2232_vid_pid 0x15BA 0x0004
ft2232_latency 2
# 6/(1+n) Mhz TCLK
jtag_speed 1

という部分があるので、以下のように変更します。

#interface
interface ft2232
ft2232_device_desc "myJTAG A"
ft2232_layout jtagkey
#ft2232_vid_pid 0x15BA 0x0004
ft2232_latency 20
# 6/(1+n) Mhz TCLK
jtag_speed 10

これで準備完了なので、動作チェックを開始します。
コマンドプロンプトにて該当ディレクトリを移動して、openocdを実行します。

> cd c:\home\workspace\LPC2388_Sample\jtag
> openocd -f openocd.cfg

e38394e382afe38381e383a3-35
どうやらちゃんと動作しているようです。
自作が上手く言って一安心ですよー。

では「ctrl + C」でopenocdを終了させて、Eclipseでデバッグ作業を進めていきたいと思います。
Eclipseの設定はZUN氏のサイトのままです。
改めて画像で紹介する事も無いと思いますので、要所の結果だけ貼付けていきたいと思います。

まずはコンパイル
e38394e382afe38381e383a3-44
OK

OpenOCDの起動
e38394e382afe38381e383a3-55
e38394e382afe38381e383a3-64
OK

Flashへの書き込み
e38394e382afe38381e383a3-73
e38394e382afe38381e383a3-82
OK

デバッグ作業
とりあえず、LEDのON/OFFの部分でブレークするようにセット。
e38394e382afe38381e383a3-103
e38394e382afe38381e383a3-92

実行してみると
ts3e0598a
ちゃんとLEDのON/OFFのタイミングでブレークする事ができています。
これでデバッグ環境もOKですね♪

調子に乗って次はSTM32F103VBにいきたいと思います。
ts3e0601
ただしこの基板はJTAG用のコネクタの線を引いてくれていないので、左右の80pinからJTAGに該当する部分を引っ張って来てあげないといけません。
データシートから「TRST/TDI/TMS/TCK/TDO/nRESET」の位置を確認して結線します。

そうすると。。。
ts3e0603
こんな感じなります。
不格好ですが、ベース基板が無いのでしょうがないです。。。(;・∀・)

さて、LPC2388のときと同様にサンプルから始めます。
基本的にZUN氏のサイトのままなんですが、多少変えないといけない所があるので、ちょこちょこと紹介していきます。

OpenOCDの動作チェックですが、自作JTAGに合わせて変更する必要があります。
まずはZUN氏の様に「openocd.cfg」と「stm32.cfg」を書き換えます。
その後、openocd.cfgの以下の部分をさらに書き換えます。

source [find interface/myjtag.cfg]
#interface
ft2232_vid_pid 0x15BA 0x0004
ft2232_latency 2
# 6/(1+n) Mhz TCLK
jtag_speed 1

Olimexの製品用になっているので、ここを

source [find interface/myjtag.cfg]
#interface
ft2232_vid_pid 0x15BA 0x0004
ft2232_latency 20
# 6/(1+n) Mhz TCLK
jtag_speed 10

として、自作JTAGを参照するようにします。
参照するようにしたものの、このままではファイルが無いので、interfaceディレクトリの中に、myjtag.cfgを作成します。
中身は以下です。

# myJTAG
interface ft2232
ft2232_device_desc "myJTAG A"
ft2232_layout jtagkey

LPC2388の時の一部分と同じですね。
どうやらOpenOCDのコンフィグファイルは外部参照ができるようで、今回のサンプルは一部分を外部参照するようになっているようです。

では出来た所で動作チェックをしてみましょう。
e38394e382afe38381e383a3-1110
OKみたいですね。

それではEclipseでも試してみたいと思います。
e38394e382afe38381e383a3-122
e38394e382afe38381e383a3-134
OpenOCDの呼び出しができていますね。

そして、Flashへの書き込み。
e38394e382afe38381e383a3-144
転送速度が出ていない事に目をつぶれば、ちゃんと書き込めているようです。
速度についてはOpenOCDについてちゃんと学ばないとダメそうなので、また今度考えます。

最後にちゃんとデバッグ作業が出来るかチェックします。
e38394e382afe38381e383a3-152
main関数のLED点灯部分にブレークを仕掛けます。

すると、
ts3e0605a
LEDの点灯前後でしっかりブレークが入る事を確認できました。

ここまで時間がかかってしまったものの、なんとか動作しそうです。
若干のJTAGへの不安はありますが、次回からはMacに戻って作業を続けたいと思います。

VMwareFusion2にWindows 7(β)を入れてみた

β版が試せる、ということで、早速入れてみましたよ。

windows7_1

インストールは簡単でした。
VMwareはVista x64として認識しましたが、そのまま進めて大丈夫です。

んで、進めていったんですが、、、
windows7_2
windows7_3

数項目を設定しただけで、設定が完了してしまい、即インストールになってしまいました。
さらにインストールも30分かかったか、かからなかったかというぐらい早かったです。

あっというまに起動してしまいました。
windows7_4

さらに更新も自動で行っている様子。
。。。やる事がないねん。。。

VMwareということで、VMwareToolsをインストールしてみたんですが、
こちらもすんなりインストールが完了し、問題なく使えています。
windows7_6
なんか、あっさり行き過ぎて、拍子抜けなんですが、、、

さて、使ってみた感想ですが、結構さくさく動いてる印象です。
Bootcamp領域から起動したXPと遜色がないくらいに感じられます。
1GBのメモリしか与えていませんが、仮想メモリをガリガリ使ってるような印象もなく、とても軽い印象を受けました。
Vistaの見た目なので、フォントが若干気持ち悪いんですが、それ以外は良好な使い勝手な気がしました。

やはりVistaは買わずにWindows7まで待つべきですね。