VMware FusionにDebian5.0を入れてみた

ディストリビューションが出たら、とりあえず突っ込んでいるLinuxですが、Debian5.0が登場したのでインストールしてみました。
e38394e382afe38381e383a3-119
なんかインストールオプションが増えたかな?

DebianのインストールはUbuntuに比べると少しだけ面倒なイメージがありましたが、結構すんなり行けました。
OpenOfficeのインストール辺りで一回こけましたけどね。
ネットワークからデータが持って来れなかったのか何なのかはわかりませんが、何度やってもうまくいかないんで、その辺は無視ししてしまっています。

失敗した時は「戻る」ボタンを使うんですが、この時「インストール項目一覧」に戻るのがちょっと頂けないんですよね。
どこから飛んで来たのかよくわからないまま一覧画面になるんで、慣れが少ない人は混乱してしまうと思う。

んで、あとは勝手にインストールをしてくれるので、最後にVMware toolsをインストールして終了です。
ここで、ちょっと段取りが必要だったのでメモを残しときます。

まずはカーネルヘッダをインストール必要があります。
バージョンを適当にチェックしてインストールしてくださいな。
端末で「uname -a」と入力すれば、カーネルのバージョンがわかります。

私がインストールしたDebian-5.00-netinstのバージョンは「2.6.26-1-686」でした。
なので、Synapticパッケージマネージャなり端末のコマンドなりバージョンのあったカーネルヘッダをインストールしてやります。
楽なので、パッケージマネージャでいいと思います。
「linux-header」で検索をしてやれば引っかかります。
e38394e382afe38381e383a3-43
面倒くさいんで、allの方を突っ込んだらホントに全部入ってもうたw

つぎにカーネルをコンパイルしたgccのバージョンが4.1.3らしいので、gcc-4.1をインストールしてあげます。
Synapticパッケージマネージャでgccで検索すれば引っかかります。
e38394e382afe38381e383a3-53

なんかmakeも入ってなかったんで、makeもインストールしました。
OSインストール中の失敗が効いてるのかな。。。
e38394e382afe38381e383a3-63
たぶんgccを入れたときに一緒に入ってると思いますが、入ってなかったら入れておいてくださいな。

ここまできたら準備完了なので、いつもどおりVMwareメニューからtoolsのインストールを選択します。
root terminalを使ってインストールすると、権限を気にしなくていいので楽ですよ。
いつも通り
tar xzf VMwareTools-XXXX.tar.gz
cd vmwate-tools-distrib
./vmware-install.pl
でインストールを開始します。
全部標準状態でインストールを続行すれば完了です。

ただしこのまんまだとマウスがゲスト-ホスト間で行き来できないようなので、
/etc/X11/xorg.confを編集して以下の1行を追加します。

Section “InputDevice”
Identifier “VMware Mouse”
Driver “vmmouse”
Option “CorePointer” <- この一行 Option "Device" "/dev/input/mice" んで、再起動してやれば、いつも通りのVMware環境が動作し始めます。 メジャーアップデートといえど、さすがDebian。 大幅に目立った更新がないっすねw Gnomeのバージョンが上がってるので、見た目は綺麗になりましたが、 どのソフトも最新というわけでもなく安定性重視指向が強いですねぇ。

VMware Fusionを2.0にしてみた

VMware Fusionがバージョンアップしたので、手元でもバージョンをあげてみた。
1.1.3から2.0とメジャーバージョンアップだったにもかかわらず、無償提供だったのは太っ腹である。
ついでにMcfeeのウィルススキャンも付いてますしね。

しかし、2.0にしたことによる問題が生じてます。
どうやら仮想マシンのバージョンアップが響いてるらしく、1.1.3の時にインストールしたやつが不安定になります。
Bootcamp環境のやつもドライバをガツガツ要求されて、困りましたよ。
いろいろ対策しようかとも思ったんですが、入れ直した方が速いです。
とくにUbuntu

なんつーか、インストールがお任せインストールできるようになってます。
こんな感じ。


と、仮想マシンを設定して起動する。


インストールが始まって、


完了。
うほっ、超お手軽になってもうた。

ついでなんで、他に
Debian

Fedora

Knoppix

をインストールしてみた。
debian系列はVMwareToolsが結構言う事を効いてくれますが、Fedoraは動いとりませんね。
マウスカーソルがどっか飛んでく。
といってもDebianはカーネルヘッダを持って来て、コンパイルが取るように設定を変えてやらないとだめだったので、ちとめんどくさかったです。

というわけで、Linuxを使うならUbuntuがいいです。
手間がかかった方が練習になる、という漢な方はDebianがいいと思います。

ちなみに、Bootcampで動作が微妙な人は、設定ファイルを捨ててみると幸せになれるかもしれないです。
場所は
~/Library/Application Support/VMware Fusion/Virtual Machines/Boot Camp
です。

以上、VMware Fusion 2.0でした。

VMware FusionにFedora9を入れてみた。

ついでだからRPM系も入れてみようと、代表格のFedoraを入れてみることにした。
バージョンはちょうど出たばかりの9です。

RPM系なので、インスコがちょっとめんどくさいかと思ったのですが、
さすがに時代的にそんなことはなく、あっさりインスコできました。

GUIがちゃんと動いとるので、XPのインスコより楽です。

若干GUIではないところもありましたが。

言語選択とか、普通な設定をすませると追加アプリケーションの設定画面に。

普通に使う分なら、ここで「オフィスとプロダクティビティ」と「Fedora」の項目にチェックが入ってればいいと思います。

自分はさらに追加のアプリケーションを選択するようにしています。
Linuxアプリケーションを知っている人はこちらを選択して、好きなものをインストールといいと思います。

設定をすれば全体のインストールの開始です。
後はほっとくだけ。

インストールが終わった後に再起動をすれば作業完了。
再起動後に、rootと一般ユーザの設定とかをさせれば全作業終了です。

なぉ、VMwareツールをインストールしようとしたんですが、エラーが出てできませんでした。
カーネルのコンパイルが通らないっぽいので、しばらく様子見かな。

VMware FusionにVine4.2を入れてみた

前回はめちゃくちゃ簡単だったUbuntuだったので、今回はrpm系のVineを入れてみました。
まぁcoregaのLinuxボードを試すためでもあるのですが。
rpm系といえど、Vineは日本ベースなので、インストールはubuntuほどではないにしてもとても簡単です。

Vineのホームページ(http://vinelinux.org/)にいって、ディスクイメージを落としてくるだけです。
VMwareですので、PC互換機の方ですよ。
Macintoshの文字につられてお間違いないように。

んで、VMwareで新しい仮想環境を作成して、仮想CDディスクに落としてきたディスクイメージを設定します。
起動すればあら不思議、インストール開始です。

この画面は多少進みすぎてますが、この前の項目もだいたいこんなもんです。
難しく考えず、デフォルトで進めて、名前とかを入れてあげるだけです。
注意しておくのはUbuntuと違って、rootのパスワードを決めておかなくてはならないこと。
一般的なLinuxでは自分のアカウント以外にrootというコンピュータに対してすべての権利を持っている偉いアカウントを作らなくてはいけません。
なので、パスワードを2つ設定することになりますので、どちらも忘れないようにしましょう。
同じにしちゃうというのも手かw

OSのインストールは簡単なんですが、VMwareToolsをインストールするがちょっと厄介かもしれません。
基本的にはVMwareメニューから「Toolsのインストール」を選んでやれば必要なものはそろいます。
ただし、そろうだけで、ちょっと設定をいじくってやらないとインスコできません。
いわゆるルート権限問題です。
「su」コマンドでルートになっちゃうのもありといえばありなのですが、今後の便利さのために「sudo」コマンドを設定しておきましょう。

とりあえず、VMwareToolsのファイルをホームあたりにコピーしておきましょう。
ドラッグ&ドロップでOKです。

ではsudoの有効にしましょう。

まず、スクリーンショットのようにsuを実行してrootになります。
パスワードはインストール中に設定したものです。
そうすると、コマンドラインが$から#になっているはずです。
rootになっている証ですね。
では目的のディレクトリ「/etc/」にcd(ChangeDirectory)します。
んで、編集する対象は「sudoers」です。
このファイルは厄介なことに、アクセス権が読み込みせんようになっています。
このままでは編集できませんので、アクセス権をかえてあげます。
コマンドはchmodです。
かえてあげると、スクリーンショットのように-rw-rw-rw-となっているはずです。
では編集しましょう。
「vi sudoers」とすると、以下のような画面になります。

このコマンドの意味は「sudoers」というファイルを「vi」というソフトウェアで編集します、という意味です。
viはなれるととても取っ付きの良いエディタなのですが、GUIしか使ったことない人にとっては未知の世界だと思います。
詳しく解説すると長いので、ここは省略ということで、全く同じコマンドを入力していただくことにします。
まずキーボードの「i」を押してください。
これはinputのiで、入力開始を意味します。
矢印キーで「root ALL=(ALL) ALL」と書いてあるところまでいきます。
そして、スクリーンショットのように、自分の名前を追加してください。
iを押しているので、普通に入力できるはずです。
ここで分けわからなくなった人は、「esc」ボタンを連打してください。
多分最初に復帰できます。
入力が終わったら、「esc」を押してください。
inputモードが終わります。


そして、保存するために「:wq」と入力してください。
これで保存すると同時にviを終了します。

戻ったらスクリーンショットのようにアクセス権を元に戻しておきましょう。
そして、root権限を終了するために「exit」を実行します。

ここまでやったら、やっとsudoが使えるようになります。
さっそくこのsudoを使ってツールのインストールをしてみましょう。
コピーしたファイルのあるディレクトリに移動して(私の場合はrpm/RPM/i386にコピーしました)、以下のコマンドを実行します。
sudo rpm -ivh VMwareTools-7.6.3-87978.i386.rpm

ツールのファイル名はちゃんとあわせてくださいね。
そうすると、#######みたいになって、勝手に作業してくれます。
インストールはこれで完了です。

次に設定をしてあげます。
設定用のソフト(厳密にいうとソフトじゃない)がありますので、それがあるディレクトリに移動します。
cd /usr/bin
そして、設定を実行します。
./vmware-config-tools.pl
あとはreturn連打で平気なはずです。
なんか聞かれても、デフォルト以外で設定を変えているか?みたいな質問ばかりですので。

完了したら再起動してあげましょう。
これでVMwareToolsが動作し始めますので、マウスの切り替えが簡単になりますし、ドライバ関連もしっかり入ります。
あとはVineライフを堪能するだけです。

あぁ、自分はあとcorega用の開発環境を入れておかねば。。。。

VMware FusionにUbuntu8.04を入れてみた

せっかく仮想マシンがあるんだし、いろいろ突っ込んでみようと思ってるのですが、まずはメジャーなUbuntu
会社でも使っとりますが、このOSはLinuxベースなのに、かなりGUI操作が進んでいて、Linux初心者でも余裕で使えます。
WindowsVistaが微妙な人はぜひ使ってみてくだされw

インスコは簡単。
インターネットからディスクイメージを落としてきて、VMwareの仮想CDドライブにいれて起動するだけ。
入手先:http://www.ubuntulinux.jp/
たどってくのがめんどくさい人はこっち http://www.ubuntu.com/getubuntu/download
我は生涯日本語なんじゃ〜〜〜!!!!という人はこちら http://www.ubuntulinux.jp/products/JA-Localized/download
まぁ英語版落としても、普通に日本語で使えますけどね。
お好みのを落としてくださいな。
ちなみに私はDesktopEditionのstandardです。


いきなり奇麗なメニューが現れてますね。
若干もたつきがありましたが、まぁCDブート中なので気にしない。

インストールを選択して、設定を進めていく。

インストール完了。
この間だいたい20分ぐらい。
簡単すぎるだろw

んで、VMware用のドライバをインストールするため、「仮想マシン」メニューから「VMwareツールのインストール」を選択。
これで、勝手にCDをマウントしてくれます。

ホームフォルダに適当なディレクトリを作成して、その中に拡張子がtar.gzの方のファイルをコピーします。
といっても普通にドラッグ&ドロップでOKです。
んで、右クリックして、「ここに展開」を選択。
ここまで全部GUI操作ですね!
Linuxを使ってる気分になれないんじゃないでしょうかw

まぁここからちょっとLinuxらしく、コマンドを使います。

こんな感じでコマンドを入れて、インストーラを実行します。(最初のはミスってて、root権限が必要だったので、2回目でsudoを加えています。)
インストーラはGUIではなくCUIなので、いろいろ英語で聞いてきますが、基本的にそのまま全部return押しといて大丈夫です。
聞いてきてる内容は、「システムファイルはどこにある?」「ここにインストールしていいか?」といったものばかりです。
デフォルトで間違えてることはまずないはずなので、普通にインストールしたUbuntuならば、returnキーの連打で大丈夫です。


こんな感じ終われば作業は完了。
一応再起動しておきましょう。

これでドライバが入ったので、モニタサイズは好きに設定できますし、音も鳴ります。

あとはお好きなように使うだけです。

基本的にLinuxはソフトウェアがオープンソースなので、ほとんどただで使えます。
Office互換のOpenOfficeとFireFox3が標準でインストールされるので、使うだけならばこの状態でも完璧です。
さらにPhotoshopなみに使えるGimpも標準で入っており、ちょこっとした編集ならばまず困ることはないはずです。

追加で欲しいソフトウェアがあるときは、まず「アプリケーションの追加と削除」を実行します。
Windowsにも同名の機能がありますが、天と地ほどの性能差があります。
基本的にWindowsの場合は消すばかりなんですが、Ubuntuでは強力にソフトウェアが管理されています。

欲しいなぁと思うソフトのジャンルを選択して、チェックを入れてあげれば、インターネットから自動で必要なデータをそろえて使えるようにしてくれます。
なんという便利さ加減。
ゲームからプログラム環境まであります。
Linuxになれてきたら、「synapticパッケージマネージャー」というのに手を出してみましょう。
こちらはサーバ関連のソフトウェアも扱っており、さらにたくさんのソフトウェアが簡単に手に入ります。

Debian系のパッケージ管理能力はすばらしいものがありますなぁ。

なれてきたら、ソースコードを落としてきて、最新版をコンパイルして使ってみる、というのもありかもしれませんね〜。