さよならフットボール (2)

新川直司「さよならフットボール (2)」

サッカー女子中学生の物語の後半です。

どさくさに紛れて試合に出場するものの、フィジカルで負けて足を引っ張るばかり。
しかし幼い自分に「そんなゴリゴリしたサッカーはつまらない」と喝を入れられて。。。

試合は終始興奮の展開です。
キャラクタの躍動感、試合展開の見せ方など、どれも秀逸で物語を盛り上げます。
2巻で終わってしまうのがホント勿体ない一作です。
続編読みたいなー。

兎の角 1

兎の角 1

ヒロインが可愛かったので、衝動買いしますた。
ウェーブのかかったロングはなんでこんなに可愛いのだろう。

。。。いや、まぁそれは置いといて。
内容はオカルトです。
でも雰囲気がライトノベル的なので怖いとかそうゆうのは無いです。
今ひとつハッキリしないところがあったりして、消化不良なのはあるんですが、
キャラクタがかわいいので全部許せます。
表紙絵が気に入ったら買ってもいいと思います。