ドラゴンクエストIX 星空の守り人

dq9
ドラゴンクエストIX 星空の守り人 90点
ドラゴンクエストのナンバリングを携帯機で出すという冒険だったんですが、
携帯機でもドラクエはドラクエでしたね。
マップ上の敵が見えていたり、戦闘中にキャラクターのアクションがグルグル入ったりと、エフェクト関係は大分変わったんですが、
それでもドラクエだなぁと思える所が凄かった。
なんなんだろう、この雰囲気の出し方は。

画質に関してはDSでこれ以上は無理でしょう、というぐらい頑張ってます。
ポリゴンの省略の仕方が上手いんでしょうね。
キャラクターの手とか見るとスゲー省かれてるんですが、それでも無理が無いようにまとまっているので、パッと見では違和感がないと思います。
音質はドラクエらしく、非常に良いです。
毎回ドラクエは「このゲーム機(携帯電話含む)でよくこんな音が鳴らせるな」と感心するぐらい非常にきれいな音を出してくれますね。
また「すぎやまマジック」が働いているのでしょう。

ストーリーは単純に追っかけるとそんなに長くないです。
しかし転職やクエストなどのサブ要素をそれなりにこなしていると、大体いつものドラクエと同じぐらいのプレイ時間になります。
なので、ボリュームはしっかりしてると言っても良いと思います。

戦闘バランスはキャラクタの育成次第なので、何とも言えないです。
普通に勧める分には抜群だと思いますが、私はちょっと鍛えてしまっていたので、ぬるめに感じられました。

全体的にはこんな感じです。
ドラクエ9の特徴はなんといっても「転職」でしょう。
転職による能力の引き継ぎが在るので、キャラクター事の特色が出るんですよね。
おかげで一番時間をかけたとこだと思います。
最終的には全職業を網羅するので、特色も何も無くなってしまうんですが、ラスボスまでは「このキャラクターは魔法使いに特化!」という感じで楽しめますよ。

ちなみに、ドラクエ9はラスボスを倒すまでが前半戦です。
「倒した後が後半です」といっても過言ではないくらい、クリア後のお楽しみが詰まってます。
特に今回はWi-Fi通信でイベントをダウンロードできるようになっているので、発売後も長く遊べるようになっています。
この投稿を書いてる現在でも未だにクエストが続いてますからねー。
2009年中は遊べるんじゃないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です