サマーウォーズ

summer
サマーウォーズを見たので、簡単に感想を。
ちなみにマンガを先に読んじゃった、という事があるので、初見の人の感想とは若干温度差があると思います。

「時をかける少女」以来、すっかり細田監督の作品に期待をするようになっており、
今回のサマーウォーズは非常に楽しみでした。
んで、映画を見終わっての感じは「いまいち」という感じでしたかね。
展開が急すぎる上に説明不足な点が多かったように思えます。

まず世界観がちょっと説明不足です。
OZという仮想世界で様々な公共サービスや通信販売が行なえる、という説明が冒頭に入るんですが、どうにも無理矢理感が拭えません。
せめて主人公か誰かがそういった事を実際に行なっているシーンがあれば、大分印象が違ったんでしょうが、説明があっただけで進んでしまったので、違和感が残る人にはず〜っと残ると思います。
インターネットに親しんでいる世代ならば、それほど違和感が無いと思うんですけどねー。

この他に、映画の尺の問題か、「なんでそうなってんの?」という展開が結構在ったりします。
特に登場人物の心情の変化はコロコロ変わるんですよ。
登場人数がとても多いので、処理しきれないということは分かるんですが、きっかけという点の説明が足りなすぎます。
アレでは「単純な一家だな」で片付いてしまいますよ。

特に一番問題にしたいのが、主人公とヒロインの感情である。
埋もれすぎてて、なぜそこに行き着いたのか、描写が少なすぎます。
ただ惚れっぽいだけに見えてしまいます。
マンガだと、その辺がちゃんと描画されてて、すんなり読めたんですよね。

終盤で登場する花札に付いても説明が足りなすぎます。
こいこいを知らない人は何をやってるのかサッパリ分からないと思いますよ。
五光とか知ってれば「すげぇ!!」と素直に盛り上がれるとは思うんですが、
知らなければ何がスゴいんだかサッパリです。

次に気になったのが声優。
ど素人を引っ張ってくるもんだから下手すぎてしょうがない。
「時をかける少女」はそこそこハマっていたので、そこまで気にしなかったんですが、
今回はハマってないので、下手さ加減が目立ってしょうがないです。
ちゃんと声優を使えと。
ジブリ作品といい、日テレが本格的に関わってくると、ろくな声優にならないな。

ここまで愚痴しか書いてないですが、全くつまらないわけではないです。
説明不足な点が多いので、見る人を選びそうですが、ハマれば面白いと思います。
声優の下手加減も、慣れれば見逃せなくはないです。
というわけで、見に行く人は最低限「花札のこいこい」と「セカンドライフの理想像」を予習して行くと、それなりに見れると思います。

私としてはこの作品はもっと尺を長く取って、じっくりと見れる作品にして欲しかったなぁと思ってます。
主要人物が多すぎるのに、時間が足りなすぎです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です