VMware FusionにDebian5.0を入れてみた

ディストリビューションが出たら、とりあえず突っ込んでいるLinuxですが、Debian5.0が登場したのでインストールしてみました。
e38394e382afe38381e383a3-119
なんかインストールオプションが増えたかな?

DebianのインストールはUbuntuに比べると少しだけ面倒なイメージがありましたが、結構すんなり行けました。
OpenOfficeのインストール辺りで一回こけましたけどね。
ネットワークからデータが持って来れなかったのか何なのかはわかりませんが、何度やってもうまくいかないんで、その辺は無視ししてしまっています。

失敗した時は「戻る」ボタンを使うんですが、この時「インストール項目一覧」に戻るのがちょっと頂けないんですよね。
どこから飛んで来たのかよくわからないまま一覧画面になるんで、慣れが少ない人は混乱してしまうと思う。

んで、あとは勝手にインストールをしてくれるので、最後にVMware toolsをインストールして終了です。
ここで、ちょっと段取りが必要だったのでメモを残しときます。

まずはカーネルヘッダをインストール必要があります。
バージョンを適当にチェックしてインストールしてくださいな。
端末で「uname -a」と入力すれば、カーネルのバージョンがわかります。

私がインストールしたDebian-5.00-netinstのバージョンは「2.6.26-1-686」でした。
なので、Synapticパッケージマネージャなり端末のコマンドなりバージョンのあったカーネルヘッダをインストールしてやります。
楽なので、パッケージマネージャでいいと思います。
「linux-header」で検索をしてやれば引っかかります。
e38394e382afe38381e383a3-43
面倒くさいんで、allの方を突っ込んだらホントに全部入ってもうたw

つぎにカーネルをコンパイルしたgccのバージョンが4.1.3らしいので、gcc-4.1をインストールしてあげます。
Synapticパッケージマネージャでgccで検索すれば引っかかります。
e38394e382afe38381e383a3-53

なんかmakeも入ってなかったんで、makeもインストールしました。
OSインストール中の失敗が効いてるのかな。。。
e38394e382afe38381e383a3-63
たぶんgccを入れたときに一緒に入ってると思いますが、入ってなかったら入れておいてくださいな。

ここまできたら準備完了なので、いつもどおりVMwareメニューからtoolsのインストールを選択します。
root terminalを使ってインストールすると、権限を気にしなくていいので楽ですよ。
いつも通り
tar xzf VMwareTools-XXXX.tar.gz
cd vmwate-tools-distrib
./vmware-install.pl
でインストールを開始します。
全部標準状態でインストールを続行すれば完了です。

ただしこのまんまだとマウスがゲスト-ホスト間で行き来できないようなので、
/etc/X11/xorg.confを編集して以下の1行を追加します。

Section “InputDevice”
Identifier “VMware Mouse”
Driver “vmmouse”
Option “CorePointer” <- この一行 Option "Device" "/dev/input/mice" んで、再起動してやれば、いつも通りのVMware環境が動作し始めます。 メジャーアップデートといえど、さすがDebian。 大幅に目立った更新がないっすねw Gnomeのバージョンが上がってるので、見た目は綺麗になりましたが、 どのソフトも最新というわけでもなく安定性重視指向が強いですねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です