VMwareFusion2にWindows 7(β)を入れてみた

β版が試せる、ということで、早速入れてみましたよ。

windows7_1

インストールは簡単でした。
VMwareはVista x64として認識しましたが、そのまま進めて大丈夫です。

んで、進めていったんですが、、、
windows7_2
windows7_3

数項目を設定しただけで、設定が完了してしまい、即インストールになってしまいました。
さらにインストールも30分かかったか、かからなかったかというぐらい早かったです。

あっというまに起動してしまいました。
windows7_4

さらに更新も自動で行っている様子。
。。。やる事がないねん。。。

VMwareということで、VMwareToolsをインストールしてみたんですが、
こちらもすんなりインストールが完了し、問題なく使えています。
windows7_6
なんか、あっさり行き過ぎて、拍子抜けなんですが、、、

さて、使ってみた感想ですが、結構さくさく動いてる印象です。
Bootcamp領域から起動したXPと遜色がないくらいに感じられます。
1GBのメモリしか与えていませんが、仮想メモリをガリガリ使ってるような印象もなく、とても軽い印象を受けました。
Vistaの見た目なので、フォントが若干気持ち悪いんですが、それ以外は良好な使い勝手な気がしました。

やはりVistaは買わずにWindows7まで待つべきですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です