Time Machine のバックアップ作成間隔を調整する

Leopardから導入された、バックアップ機能のTime Machineですが、
標準では1時間ごとにバックアップが作成されるようになっています。
外付けHDDの場合は、音が鳴る事が気にならなければ、これでも良いかなと思うのですが、
私の場合は、NASにデータを送るようになっているため、
トラフィック的な事が気になってしまいます。
それに1時間でバックアップが必要なほど激しくデータの出し入れをしていませんので、
それほど頻繁にバックアップを取ってもらう必要はないんですよね。

というわけで、標準の1時間から3時間に変更したいと思います。
TimeMachineのバックアップ間隔を設定しているのは、「com.apple.backupd-auto.plist」という設定ファイルです。
正確な場所は

/System/Library/LaunchDaemons/com.apple.backupd-auto.plist

ですね。
直接ファイルをいじれる場所ではないので、ターミナルから編集を行います。
こんな感じで編集。

$ sudo vi /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.backupd-auto.plist

<integer>3600</integer> -> <integer>10800</integer>

e38394e382afe38381e383a3-115

単位は秒数です。
変更したら再起動するか、Time Machineの入切で設定が反映されます。

この他の方法としては、Leopardにタイミングを任せずに、
フリーソフトにやってもらうという事ができます。
紹介するフリーソフトはこちら。
timemachineeditor
Time Machine Editorというソフトです。
こちらのソフトは上記のターミナルの設定をGUIでできたり、スケジュールでバックアップを行う事が可能になっています。
ScheduleのタブをIntervalにして設定すると、標準のバックアップ間隔を設定する事ができます。
Calender Intervalにすると、「毎週火曜日の13時」とか定期バックアップを設定できるようになっています。
e38394e382afe38381e383a3-22
細かく設定をしたい方にはこちらのソフトがお勧めかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です